徹底比較!先物取引とFXはどう違うの?

先物取引とFXの違いがわかるサイト

外国為替証拠金取引

一定の期日に現物の受け渡しを約定した売買取引を、商品先物取引といいます。 先物取引で売りに対して買い戻し、買いに対して転売し他に売り渡す方法を、反対売買といいます。 期日までに反対売買をすることで、差金決済という初めの約定価格と反対売買価格との差額を受け払いする方法で、契約解消も可能です。

FXの良さは

FXは取引所を通さないことが多く、商品先物取引は取引所を利用するので、それが相違点です。 手数料などは、FXは手数料がかからず、商品先物取引には手数料が必要です。 商品先物取引は最長が1年の取引期限で、FXは無限であるのが違います。 基本的に、FXはいつまでも持ち続けられるメリットがあります。

商品先物取引のチャンス

FXの外国為替証拠金取引は、簡潔に言えば日本円と外国通貨の価格差から、取引して収益から利益を得る投資方法の一つです。
少額の投資ができるため魅力的な投資方法です。
日本円と外国の通貨での取引であるのが、FXの取引システムです。
外国の通貨の種類は限定されているので、株式の投資システムのように煩雑でないため、初心者でも投資方法を簡単に理解することができます。
商品先物取引は、長期間に価格変動のある商品に対して、一定の期日に現在の値段で商品売買することを約束しておくシステムです。
たとえば、今日のところ千円の商品を、1年後の期日に千円で買うと約束するとしたら、実際に1年後になってその商品が千円の値段以上に高くなっていれば、その差額分が利益となります。
将来を厳しく予測し、ある程度のセンスも必要です。
投資をしたことがない初めての人は、失敗しないためにも商品先物取引の勉強をして即座に取引できる資質も必要になります。
商品の売買で出た差額だけを取引する差金決済も行い、実際には現物のやりとりはなく商品先物取引を動かすことができます。
そのため個人でも、商品先物取引で大量の商品を取引させることができるのです。
トウモロコシや米などの農産物から、石油、金銀などの貴金属が商品です。
他にも金融先物取引があり、実際に通貨や金利を扱います。
現物の価格ではなくて証拠金で取引するシステムは、商品先物取引もFXも同じです。
FXは現在価格ですが、商品先物取引は将来の価格を取引することです。

コストを抑えれば

外貨関連の金融商品はFX以外にも、銀行での外貨両替や外貨預金などもあり、その外貨商品は両替コストが高い。 米ドルでも、日本円から両替する際、1ドルにつき数円程度の両替コストがかかり、FXの取引では、米ドルと日本円の取引にかかるコストはだいたい100分の1程度の1銭くらいで取引できます。

TOPへ戻る