>

外国為替証拠金取引

利益を出す

FXは投資であり、勝ったり負けたり。
損をしてしまうリスクと表裏一体です。
初めて投資を行う人は、日本円の円高円安の感覚を思い出して下さい。
たとえばAさんが投資を始めて、米ドルの為替レートが1ドルが100円であったとして、Aさんは1ドル購入のために100円の投資が必要ですが、急に為替レートが変わり1ドルが90円になった時、Aさんが1ドルを購入するために90円の投資で済み、円の価値が上がって「円高」と言います。
円の価値が下がって1ドルが125円になった場合などは、Aさんが1ドルを購入するために125円の投資が必要となってしまうので「円安」と言います。
FXにおいて利益を出す方法などは、1ドルが100円の際にドルを買い、1ドルが125円に価値が下がった円安の際にドルを売った場合のその差の25円分を利益とします。

逆から

FXも売りから始められるため、1ドルが125円の際に売った場合、1ドルが90円に価値が上がった円高の際に買う、逆になる形で利益を出すことも可能です。
システムは簡単覚えられ、要は安く買い、高く売る、ということで利益を出すのが、FXです。
スプレッドは、買値売値の金額の差を言いますが、FXの会社は基本的には取引手数料無料であっても、会社の利益はスプレッドでの取引手数料があります。
スプレットはそれぞれのFXの会社により異なるため、スプレッドが小さいFXの会社から、Aさんは差し引かれる手数料が少なくなります。
この手数料の差は、Aさんの収益に関係してくるので、FXの会社選択には注意が必要です。
スプレッドの差がせまいFXの会社の方が、投資するAさんにとっては有利になります。
FXの会社により違うのは、取引の特徴が顕著だからです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る