>

FXの良さは

取引額は大きい

レバレッジは、証拠金から外貨元本の価格が何倍かを表します。
たとえばAさんは、預入れ証拠金として100万円差し入れで、米ドルの円のレート100円で2万ドルを買い建てる時は外貨価格を円で換算すれば200万円で、レバレッジが25倍のFXの口座使用で、外貨価格の4%が必要証拠金の利用がされます。
Aさんは100万円のうち8万円が固定され残りは92万円となります。
急に米ドルの円のレートが99円に価値が上がって円高になった時は、Aさんは初めに買い建てた200万円が時価で198万円に下がり、2万円のマイナスになります。
マイナスされた2万円を、92万円から引かれます。
Aさんは預入れしている証拠金の残高は90万円になってしまい減ることになります。
資金効率の良さと、リスクの大きさとがあります。

システムリスクに注意

FXの取引は、少ない金額から、取引収益大きく、期待ができます。
すべての世界中の取引の把握は不可能で、想定外の相場の動きについていけるかどうかも。
一般的には、FXの取引はインターネットを通じて行います。
金融庁の監督があります。
FXの会社の取引システムのエラーなどが起こって、取引不能になることは滅多にありません。
自分のノートパソコンやスマートフォンの突然の故障などで取引不能の折には困ってしまいます。
FXの会社のリスク回避は、複数のFXの会社の口座を取引することです。
自分の取引に使う機器についても、複数にノートパソコンとスマートフォンとを取引可能の環境にしておくことが必須です。
ロスカットの注文の必要性もあります。
損失を最小限にする環境も必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る