>

コストを抑えれば

確認や手数料チェック

外貨の銀行の金融商品もあります。
銀行の外貨預金で為替レートのチェックは大切です。
為替変動によって元本割れしないようコントロールしましょう。
預入時のレートより円高の際に預金引き出しするのは、円で元本割れになってしまうミスになります。
為替変動や取り扱いの時間によるレートが異なることも覚えておきましょう。
預金出し入れの時には為替レート確認を忘れないように。
外貨普通預金を円にし出入金を多くすれば手数料が大きすぎます。
外貨普通預金で円を外貨にし入金、外貨を円に戻して出金などをすればその両方に手数料発生があります。
出し入れのし過ぎは利益がないことになります。
外貨普通預金から為替手数料が引かれ、元本の目減りとなる可能性も。
金融機関により為替手数料は違います。
目的に合わせて銀行の選定も必要です。
外貨普通預金で、トータルにコストをコントロールすることが求められます。

手軽に始められる

少額の4千円程度からのFXの取引のコースもあります。
たとえば、米ドルの為替レート1ドルが100円で、4千円の自己資金のレバレッジ25倍は十万円で、米ドル1000ドルに換算できます。
十万円を自分でその際に用意しなくても始めることのできる、FXの投資となります。
FXの取引を初めてする時は、取引量を少なくしてレバレッジも低くし為替レートの動きによる損益の発生の仕方やレバレッジの効果なども確認し学ぶ必要が大です。
FXは、元本や利益の保証はありません。
FXの取引はハイリスクハイリターンですので、ロスカットは自分の資産を守る仕組みとして重要です。
取引を始める前にFXの仕組みやリスクを理解して、成功者になることです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る